全2800文字
PR

 SUBARU(スバル)のデジタル開発基盤「IVX-D」。走行やヘッドランプの動きなど、クルマのあらゆる挙動を仮想空間上に再現するシミュレーターで、試作・実験を減らして開発のフロントローディングを加速すべく構築された。驚くべきは、このシステムが、ほとんど1人の熟練技術者の手によって作られたこと。その人物こそ、同社が誇る運転支援システム「アイサイト」の開発をけん引してきた技術本部技監の樋渡穣氏だ。2020年に還暦を迎えた同氏。自身の電子制御技術の集大成ともいえるIVX-Dには、同氏が後身に託した”安全”への思いが込められている。

デジタル開発基盤「IVX-D」
デジタル開発基盤「IVX-D」
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 スバルの最先端の開発環境を取材すべく、筆者らが向かったのは同社本工場がある群馬県太田市。指定の住所に到着すると、そこにあったのはスーパーマーケット跡で、スバルの看板は無く、建物の中でクルマの開発が行われているとはとても思えない。建物に近づくと通用口から樋渡氏が現れた。「ようこそ、我が秘密基地へ」――。

 建物内の通路を進んだ先には、もともとスーパーマーケットの売り場だったと思われる広い空間に、クルマの運転席を模した装置が数台並んでいた*1。中でも、ひときわ大きく、細部まで作り込まれた装置が、同氏が中心となって開発した車両のデジタル開発基盤「IVX-D」だ。

 アルミニウム合金製のアングル材で枠を組み、その中にハンドルや、アクセル・ブレーキペダルの他、スピードメーター、ナビゲーション、ヘッドランプなど、「パワートレーン以外のほとんどの要素」(同氏)を組み込んでいる。

 運転席の目の前には大型のディスプレーがあり、3Dモデルで作られた車道や街路樹、建物などの街並みが映し出されている。装置のシートに乗り込んで運転操作すると、モニターに表示される仮想空間をクルマで走行できる仕組みだ。

IVX-Dの走行シミュレーション
IVX-Dの走行シミュレーション
記者が体験したときの様子。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 一見、ゲームセンターや自動車教習所などに置いてある運転シミュレーターのようにも見えるが、IVX-Dではクルマの走行以外にもボディー側の複雑なシステムの連携を再現している点で、それらとは一線を画す。

 例えば、夜間走行のシミュレーションでは、モニターに映る対向車を「アイサイト」のステレオカメラが捉えると、対向車に当たるヘッドランプの光だけを遮光する機能「アダプティブドライビングビーム」が作動する*2。このとき、映像上の光の再現だけでなく、装置のヘッドランプが実際に連動する。

 このように、IVX-Dを活用すれば実車さながらの走行試験を、シミュレーションで実施できる。同氏は「(ボディー側のシステムの連携を)ここまで忠実に仮想空間に再現した事例は世界に類を見ないはず」と胸を張る。

 そのうえ、これらIVX-Dのシステム構築のほとんどを、樋渡氏がたった1人で進めたというのが驚きだ。

IVX-Dが入っているスバルの開発施設
IVX-Dが入っているスバルの開発施設
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
*1 IVX-D以外の数台の装置は、「レボーグ」や「インプレッサ」など同社が手掛ける車種ごとのテストベンチ。新たに開発したソフトウエアなどが正常に動作するかを実装前に評価する。ヘッドランプの評価などで実績があるという。樋渡氏は2017年から同ベンチ開発を統括。後のIVX-D開発につながった。
*2 IVX-Dにおいてアイサイトのステレオカメラが捉える映像は、映像を立体視するための専用装置「ステレオカメラボックス」で取得する。同装置はIVX-Dとは別体で、同装置内には運転席の正面のモニターと常に同じ映像が映し出されている。