全1186文字
PR

 欧州の工作機械メーカーを買収へ──。工作機械業界で世界一を目指すと公言する日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者が、次のM&A(合併・買収)に選んだのは、イタリアPAMA(パーマ)だった。

日本電産の永守会長
日本電産の永守会長
工作機械メーカーの新たな買収を発表した。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 PAMAは設立95年を超える老舗の工作機械メーカーで、大型の横中ぐり盤やマシニングセンター(MC)などを手掛けている。中でも、横中ぐり盤において高い技術力を備えており、幅広いラインアップを持つ。

PAMAのWebサイト
PAMAのWebサイト
横中ぐり盤(右下の製品)を得意とする。(出所:PAMAのWebサイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 興味深いのは、PAMAを買収した理由だ。横中ぐり盤は、ドリルなどでワークに比較的大きな穴を開けた後、その内径を削って必要な内径の寸法や表面粗さに仕上げる工作機械。造船や建設機械、掘削用ドリルなど、一般的なMCでは対応できない大型のワークの加工に使う。従って、日本電産が成長の柱の1つとしている電動アクスルの加工には使用しないとみられる。すなわち、電動アクスル事業の成長の促進には直接関係しない決断のようだ。

 日本電産は、日本電産シンポ(京都府長岡京市)を柱に、いずれも買収した日本電産マシンツール(旧三菱重工工作機械)およびニデックオーケーケー(旧OKK)と工作機械事業を形成している。ところが、日本電産マシンツールもニデックオーケーケーも国内市場が中心で、海外市場の開拓が遅れている。これに対し、PAMAは欧州市場を中心に中国や米国、インド市場に販売・サービス網を持つ。すなわち、日本電産側はPAMAを傘下に収めることで、海外市場に販路を開けるというわけだ。一方で、PAMAは日本市場が弱く、今回の買収で本格的な日本市場参入の足掛かりを得られる。