全2688文字
PR

 ホンダが2022年9月に発売した高性能ハッチバック「シビックタイプR」。新型は、タイヤを先代型の20インチから19インチに小径化した。昨今新型車は、性能向上や見栄えを良くすることを目的に、大径化させるのが主流だ。それではなぜ、新型シビックタイプRはあえてタイヤを小径化したのか。そこには、“大衆車”「シビック」をベースとした高性能車であることが関係していた。

新型「シビックタイプR」
新型「シビックタイプR」
タイヤを先代型の20インチから19インチに小径化した。(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車はモデルチェンジをするたびにタイヤを大径化する傾向にある。例えば、2022年9月に発売したトヨタ自動車の新型「クラウン」の一部グレードは、先代型の18インチから21インチに径を大きくした。2022年7月に発売した日産自動車の新型「エクストレイル」の標準版の一部グレードも18インチから19インチに拡大した。

新型「クラウン」
新型「クラウン」
デザイン性を上げるためタイヤを大径化したという。(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 一般的に、タイヤを大径化して、扁平(へんぺい)率を低くするとタイヤのたわみやねじれを低減でき、旋回性能や高速安定性が向上する。また、大径化することでホイールハウス内の車体とタイヤの間の空間が小さくなり、デザイン性に優れるとされている。通常は、後者を理由に大径化することが多い。クラウンの開発者も「デザイン性を優先して大径タイヤに変更した」と話す。

 シビックタイプRも先代型までは、例外ではなかった。2009年と2010年に限定販売したFN2型は18インチ、2015年に限定販売したFK2型は19インチ、2017年に発売したFK8型は20インチとモデルチェンジを繰り返すたび、「タイヤの性能を上げるため大径化させてきた」とホンダ開発戦略統括部開発企画部開発企画二課、チーフエンジニアの柿沼秀樹氏は話す。それではなぜ新型はあえて、19インチに小径化したのか。同氏によると「小径化の理由は3つある」という。

2009年に限定販売したFN2型(18インチ、左上)、2015年に限定販売したFK2型(19インチ、右上)、2017年発売のFK8型(20インチ、左下)、2022年発売の新型(19インチ、右下)
2009年に限定販売したFN2型(18インチ、左上)、2015年に限定販売したFK2型(19インチ、右上)、2017年発売のFK8型(20インチ、左下)、2022年発売の新型(19インチ、右下)
初代タイプR(EK9型)は15インチだった。(写真:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

小径化した3つの理由

 1つ目は、グリップ性能の向上だ。先代型から、走行性能を上げるためにはタイヤのグリップ性能を高めたい。タイヤのグリップ性能を上げるためには、タイヤの幅を広げる必要がある。

 ただ、先代型の20インチのまま、タイヤの外径を変えず、幅だけを広げると、扁平率が低くなり、エアボリュームが小さくなる。「エアボリュームが小さくなるとタイヤのチューニング自由度が低くなる」と柿沼氏は語る。タイヤの空気圧によって、走行性能は変わる。高性能車の所有者は、サーキットから公道まで自分の好みに合わせて、タイヤの空気圧を変更して楽しむ人も少なくない。そのためには、20インチのまま幅を広げることはできなかった。

17インチタイヤを履く標準版シビックの北米モデル
17インチタイヤを履く標準版シビックの北米モデル
この標準版のシビックを基本にタイプRを開発した。(写真:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 それでは、21インチにさらに大径化してみてはどうか。シビックタイプRは、標準版シビックをベースとした高性能車だ。標準版シビックの車体を基本としているため、「タイプRだけ、大径化していくことはできなかった」(同氏)という。日本で販売する標準版シビックは、18インチを設定しているが、海外では17インチを履くグレードも存在する。17インチから21インチまで同じ車体で対応することは難しい。

 そこで新型のタイヤは、先代型の20インチから19インチに小径化しつつ、幅は先代型の245mmから265mmに拡大させた。

新型のタイヤ
新型のタイヤ
幅を265mmに拡大した。(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 タイヤを小径化した理由の2つ目は、軽量化だ。タイヤを小径化することで、タイヤとホイールを併せた重量が軽くなるという。「ホイール部分の金属の体積が減るのが大きな要因」(同氏)としている。これにより、タイヤとホイールの重量は、先代型と比べ1台あたり3kg軽くなった。

 3つ目は、コストの低減だ。タイヤは大径化するほど、価格が高くなる傾向にある。タイヤを小径化することは、車両価格の抑制に寄与する。加えて、顧客が新しいタイヤに交換する際の選択肢も広がる。「先代型の幅245mmの20インチタイヤは選択肢が少なかった」と柿沼氏は語る。先代型の発売当時は、もう少し大径タイヤの需要が伸びると予測していたという。新型は19インチとすることで、スタッドレスタイヤなど、顧客のタイヤの選択肢が広がるとともに、価格も抑えられる。