全1610文字
PR

アトリウムを引き立たせる光のデザイン

 アラップが関わったアトリウムの光環境設計では、3Dモデルを使った自然光解析により、スカイライト開口部のデザイン比較およびグレアの有無などの検討を行った。また、四季を通して、1日のうちにどのように自然光が入り、空間を照らすかをシミュレーションすることで、日中から夜へとドラマチックな空間の印象がスムーズに移り変わるよう、電気照明デザインの検討にも活用している。

アトリウム光環境のシミュレーション
夏至の太陽光アニメーション例。スカイライトやサイドの開口部を通し、晴天時の朝から夕方にかけてのアトリウムの光環境の移り変わり方が見られる(動画:© Arup)
訪問者の第一印象を決定づけるアトリウム空間では、日没後も建築の特徴となる円筒を魅せるように電気照明をデザインした(写真:© Arup)
訪問者の第一印象を決定づけるアトリウム空間では、日没後も建築の特徴となる円筒を魅せるように電気照明をデザインした(写真:© Arup)
[画像のクリックで拡大表示]

 旧港時代に重要な産業的な役割を果たした歴史的建造物に新たな息吹を吹き込み、ケープタウンのランドマークとなった本美術館。ともすると今まで世界的に認識されていなかったアフリカン・アートやアーティストを称え、盛り上げていくことが大いに期待されている。

井元 純子(いのもと・じゅんこ)
アラップ東京事務所/ライティング リーダー
井元 純子(いのもと・じゅんこ) 横浜国立大学卒業。前職を経て、ロンドン大学大学院(バートレット校)修了後、2007年アラップ・ロンドン事務所に入社。2011-2017年、上海事務所のライティング・リーダーを務める。2015年より東京事務所に勤務。国内外に幅広いライティングデザインの実績をもち、建築照明や昼光デザインに加え、スポーツ照明、コンサルティング業務に携わる。
菊地 雪代(きくち・ゆきよ)/執筆協力
アラップ東京事務所、アソシエイト/シニア・プロジェクト・マネージャー。2011年9月よりケンプラッツ、日経アーキテクチュア・ウェブ、日経 xTECHにて、アラップが関与したプロジェクト紹介の記事を連載