香港のAIスマートビル、デジタルツインで管理の手間を軽減

 デジタルツインの概念図。デジタル建物を使ってシミュレーションし、将来の状態を予測する。その結果を基に、実建物に対して最適なオペレーションを行い、運用効率を最大化することを目指す(資料:Arup)
デジタルツインの概念図。デジタル建物を使ってシミュレーションし、将来の状態を予測する。その結果を基に、実建物に対して最適なオペレーションを行い、運用効率を最大化することを目指す(資料:Arup)

カーソルキー(←/→)でも操作できます