PR

 今回はIPv6仕様制定20周年企画以来となる「無線」の話です。60GHz帯Wi-Fi(無線LAN)ことIEEE 802.11adの仕様書(IEEE 802.11ad-2012)でキーとなりそうなポイントを手短に解説します。技術的には従来のWi-Fi(無線LAN)の枠組みを可能な限り応用し、冒険を控えた現実的な仕様と評することができそうです。

出所:PIXTA
出所:PIXTA

 IEEE 802.11adはミリ波帯を使う無線LAN規格です。11adの仕様上は45GHzから上の領域を使うと定義されています(IEEE 802.11ad-2012 3.1)。もっとも一般的には、各国における電波規制の関係上、60GHz帯(57G~66GHz)で運用されます(※注1)

※注1:この帯域は大気中の酸素分子が共鳴することで電磁波が減衰しやすいという特徴があります。このため長距離通信では使い物にならず、それゆえに「好きに使っていいよ」と開放されている事情があります。出所:https://en.wikipedia.org/wiki/Extremely_high_frequency

 IEEE 802.11規格ではそれぞれのPHYに略称を付けています。元祖の802.11に対して802.11bはHR(High Rate)-PHY、802.11a/gはHT(High Throughput)-PHY、802.11nはVHT(Very High Throughput)-PHYといった具合です。ミリ波のPHYは802.11ad仕様書でDMG(Directional Multi Gigaビット)-PHYと呼ばれています。ただ、HRやVHTが一般にほとんど知られることがなかったように、「DMG」も仕様書上だけの用語になってしまい、「802.11ad」あるいは「WiGig」の呼称の方がよく知られています。