PR

 モノのインターネットこと「IoT(Internet of Things)」が流行語になってからもう何年もたちました。この連載では半ば意図的にIoTと距離を取ってきましたが、もはやそうも言っていられなくなってきました。そこで今回は、IoT向け標準プロトコルの候補の1つである「MQTT」を取り上げます。

 MQTTの起源は意外に古く、1999年に米IBMとイタリアEurotechで開発されたと言われています。また、IBMのMQプロトコルを母体として開発されたため MQ(Message Queuing) Telemetry Transportを略してMQTTと名付けられたという説もあります。

 もっともMQTTという名前自体には大した意味はありません。それどころかMQTTにはメッセージをためる(Queue)機能はなく、MQTTという名前は“名が体を表していない”という妙なことになっています。

MQTTとは

 MQTTは「ブローカー型」のメッセージ伝達・再分配プロトコルです。古典的な「クライアントサーバー型」と比較して解説します。

 クライアントサーバー型の場合、データの発信者と受信者は直接つながります。Webブラウザーから米Amazonや米Googleのサイトに接続するといった場合は単純で何ら問題はありません。

サーバー台数が少ない場合のクライアントサーバーモデル
サーバー台数が少ない場合のクライアントサーバーモデル
サーバー台数が少ないと、単純で問題はない。