PR

 Bluetoothはもともと、携帯電話にアクセサリー(主にヘッドセット)を接続するための簡易無線プロトコルとして開発されました。その後、圧倒的ともいえるインターネットの普及により、開発当時にはTCP/IPを流すことなど考えていなかったはずのBluetoothでも、IPを扱うことが求められるようになりました。その試みとして最近はBluetooth 4.1LE以降のIP Support Profileがありますが、過去にはBluetooth Classicでも何度かトライされました。

 今回はIP over Bluetoothの過去と現在、そして実際に使ってみた結果を解説します。まずは「過去のIP over Bluetooth」について簡単に紹介しましょう。

ダイヤルアップPPPベースのLAP

 「IP over Bluetooth」の最初の試みがLAN Access Profile(LAP)です。LAPは携帯電話を無線モデムとして扱い、パソコンと携帯電話間を接続する目的で、2001年2月に制定されました。仮想シリアルポートであるRFCOMMの上に、ダイヤルアップ接続プロトコルのPPPを乗せます。このためLAPはIP over Bluetoothとはいうものの、子機と親機間の1:1接続しかできません。2001年には既にブロードバンド時代に入りつつあり、ダイヤルアップPPPベースという点も古臭く思えました。かくしてLAPは、それほど使われないまま、2003年6月には早くも廃止宣言(Deprecated)がなされました。