PR

 IEEE 802.11規格がとうとうアルファベットを2周して3周目に入りました注1)。その初となる記念すべきIEEE 802.11baタスクグループのターゲットは、寝ている端末を無線で起こす「Wake-up Radio」です。今回はWake on Wireless LAN(WoW)を紹介します。

注1)1周目は802.11bや802.11a、802.11g、802.11nなどでした。2週目は802.11acや802ad、802.11ah、802.11axといった「a」+「アルファベット小文字」の形式でした。
出所:PIXTA
出所:PIXTA

はじめにWoLありき

 無線起床のWoWよりも前に登場した技術に、有線LAN(Ethernet)によるWake on LAN(WoL)があります。登場したのは1996年ころのことです。当時は普通のパソコンにもようやくEthernetが標準装備されるようになり、ネットワークが「特別なもの」から「あって当たり前、つながっていて当たり前」になりつつある段階でした。

 この時期、特に官公庁や学校などから、1部屋数十台規模で導入されたパソコンの電源を一斉に管理したいという要望が出てきました。どうせLANでつながっているなら、LANを用いて管理するのが自然な流れです。しかし「一斉シャットダウン」は何とかなっても、「一斉起床」にはちょっと工夫が必要でした。パケットを受信・解析・処理するCPUが寝ている(サスペンドしている)のに、パケットを用いて起床処理させるというのは「ニワトリと卵」の問題になるからです。