PR

 「ガリッ!」――。2017年12月、後部ナンバープレートの封緘(ふうかん)が破壊された。もう公道は走れない。日産自動車のEV(電気自動車)「リーフ」分解開始の瞬間だ。2018年2月頭には電池モジュール、パワートレーン、ダッシュボードなどの主要ユニットを取り外す1次分解が終了。その後、さらに破壊を続け、最終的に分解したECUは40個。キャパシターを1個単位まで数えるような細かい作業がようやく終わったのは2018年7月上旬である。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料