全2514文字

 2019年4月、米国と韓国で一般消費者の携帯電話機向け5Gサービスが始まった。当初の開始予定を繰り上げることで「世界初」を主張したのが米ベライゾン(Verizon)で、その対象となった5G端末が米モトローラ(Motorola)のスマートフォン(スマホ)「moto z3」と機能拡張デバイス「moto mods」の一種、5G対応モデムである「5G moto mod」を組み合わせたものだ。28GHzという、これまでのスマホよりはるかに高い周波数で通信するモデムユニットの中はどうなっているのだろうか。さっそく分解していこう。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料