全2735文字
PR

 折り畳みスマートフォンが世に出たのは2018年ごろだ。これまで韓国Samsung Electronics(サムスン電子)や中国Huawei Technologies(華為技術、ファーウェイ)、中国Royole(ロヨル)、中国Lenovo(レノボ)傘下の米Motorola Mobility(モトローラ・モビリティ)の4社が製品を世に送り出してきた。

 21年12月には、中国OPPO(オッポ)が同社として初の折り畳みスマートフォン「Find N」をリリースし、同端末を持つ5番目の会社となった。今回はそのOPPOのFind Nを分解する。

「Find N」の製品外観
「Find N」の製品外観
(出所:フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 シンガポールの調査会社Canalysによると、世界の折り畳みスマートフォンの出荷台数は約890万台だという。ディスプレーサイズが7インチ後半から8インチの製品が多く、ターゲット市場はフラッグシップスマートフォンや小型のタブレット端末が重なるとみられる。

「Find N」のスペック
「Find N」のスペック
(出所:フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

ディスプレーは谷折り、フレキシブル基板で左右をつなぐ

分解したところ
分解したところ
写真左上から、外側カバー、サブディスプレー、インナーカバー、Liイオンポリマー2次電池、スピーカー、メイン基板と2階建て基板、サブ基板、SIMカードスロット基板、ヒンジのあるセンターパネル、メインディスプレー。(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 Find Nのキーパーツとなるディスプレーは「谷折り」タイプのため、広げた状態で使用する大型ディスプレーと、折り畳んだ状態で使う標準スマートフォンサイズのディスプレーの合計2枚のディスプレーを搭載する。

 大型のメインディスプレーは7.1インチで韓国Samsung Display(サムスンディスプレイ)製、折り畳んだ時に使用するサブディスプレーは5.49インチで中国BOE Technology Group(京東方科技集団)製と推定される。どちらもフレキシブル有機EL(OLED)パネルである。

Samsung Display製のメインディスプレー
Samsung Display製のメインディスプレー
(出所:フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]
BOE製のサブディスプレー
BOE製のサブディスプレー
(出所:フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでフレキシブルOLEDパネルはSamsung Displayの独壇場だったが、中国Tianma Microelectronics(天馬)やBOEが量産を開始し、Samsung Displayの牙城を侵食しつつある。今後中国勢メーカーの参入によりパネルの価格破壊が起こるだろう。

 リチウム(Li)イオン2次電池はセンターパネルの左右に異なるサイズのものを搭載しており、メーカーはTDK傘下の香港ATL(Amperex Technology Limited)。電池容量は小さい方が2085mAh、大きい方が2355mAhで合計4440mAhである。

 センターパネルの折り畳みヒンジ部には、3本の太いフレキシブルプリント基板が内部を通してあり、左右を電気的に接続している。

2種類の2次電池を左右に搭載
2種類の2次電池を左右に搭載
(出所:フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]
「Find N」の折り畳みヒンジ部分の外側(写真上)と内側(写真下)
「Find N」の折り畳みヒンジ部分の外側(写真上)と内側(写真下)
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]