PR

 11月の第4木曜日はサンクスギビングデー(感謝祭)の休日で、アメリカ人にとっては、家族と一緒に七面鳥のディナーを囲む最も大切な日の1つです。その翌日の金曜日は、ブラックフライデーと呼ばれ、米国の小売業の売り上げが大きな日と言われています。今年(2018年)は11月23日がブラックフライデーに当たります。

 このブラックフライデーからクリスマス商戦が本格的に始まるのですが、それを待たずにハロウィーンが終わるとすぐ、米国の小売業界はクリスマスセールのキャンペーンに入ります。ですから、この時期に家電量販店のディスプレーを見ると、各メーカーや小売店の力の入れ具合、その年の売れ筋商品がある程度分かります。