全4238文字

 土中に埋めると分解される「生分解性プラスチック」が、環境に優しい材料として注目を集めている。ただし誤解も多く、「不要説」さえ飛び交うほどだ。「日経クロステックラーニング」の講座「バイオプラスチックによるものづくり革命」の講師である小松技術士事務所所長・ものづくり名人の小松道男氏に、その意義と具体的な取り組みについて聞いた。(聞き手は高市 清治)

小松技術士事務所所長・ものづくり名人の小松道男氏
小松技術士事務所所長・ものづくり名人の小松道男氏
(写真:栗原克己)

なぜ今、「生分解性プラスチック」が注目されているのですか。

小松氏:生分解性プラスチックは、土中など微生物がいる環境で、微生物の働きによって低分子化合物に分解され、最終的には水とCO2に戻り、自然界に悪影響を与えないからです。

 主流となる生分解性プラスチックは、デンプンやサトウキビの搾り汁、動物の排出物のような「バイオマス」(動植物から生まれた、再利用できる有機性の資源)を原料としています。最終的には水とCO2に分解されますが、バイオマスを原料とするプラスチックに含まれる炭素は、元は植物が空気中のCO2から取り込んだもの。燃やしてCO2が発生しても、それはもともと空気中にあったものが戻っただけで、CO2は増えていないとみなせます。すなわち、カーボンニュートラル(炭素中立)です。そのため、「地球にやさしいプラスチック」として注目を集めているのです。

 これに対して、一般的な石油や天然ガスなど化石燃料資源由来のプラスチックは自然界で分解されずに残り、自然環境に悪影響を与えるものがほとんどです。土に埋めても生分解されず、恐らく100年以上の長期間、高分子化合物のまま残るのです。つまり、処分できないゴミがたまっていくわけです。

 また、化石資源由来のプラスチックを燃焼処理した場合には大気中に炭素をCO2の形で放出します。化石資源由来のプラスチックに含まれる炭素は、原料となる石油や天然ガス、石炭などが地下にある時に固定されたものです。大気中に存在したものではありません。このCO2は大気中に存在しなかった分なので、大気中のCO2量を増加させることになります。

 プラスチックは軽くて容易に加工できます。強度も耐久性も高く、安価な上に大量生産できるなどメリットは多いので、現代社会に欠かせない素材となっています。そこで環境負荷の大きい化石資源由来のプラスチックに代わる素材として、生分解性プラスチックの存在意義が高まっているのです。