全1717文字
PR

 今回はパワーデバイス・イネーブリング協会(PDEA)が主催する「半導体技術者検定エレクトロニクス2級」の「応用と品質」分野の問題を紹介する(本コラムの詳細はこちら、PDEAについてはこちら、半導体技術者検定の教科書についてはこちら、検定の問題集についてはこちら)。

 本稿で紹介するのは半導体デバイスのデータシート(スペックシート)に関する問題である。半導体デバイス部品などを購入した場合は、データシートが付いてくる。多くの数値が並んでいることが多く、慣れるまでは大変かもしれないが、まずは電源や入出力の電圧値・電流値といった使用条件を押さえる必要がある。エレクトロニクス2級の応用と品質の分野では、データシートの基本的な理解が求められている。

 今回の問題はデータシートに関する基本的な理解を問うものである。難易度は★★(本コラムでは紹介する問題の難易度を★の数(難易度に応じて1~5個)で表しており、★の数が多いほど難しい)である。

【エレクトロニクス2級 応用と品質】
【問題12】難易度:★★

問題:
 表1は例として、CMOS汎用ロジックIC(74HCシリーズ)のデータシートから、「絶対最大定格」に関する項目を切り出したものである。以下の絶対最大定格についての記述の中で、正しいものを選びなさい。

表1 絶対最大定格
項目記号定格値単位
電源電圧Vcc-0.5 ~ +7V
入出力電圧Vin, Vout-0.5 ~ Vcc + 0.5V
入出力ダイオード電流IIK, IOK±20mA
出力電流Io±25mA
Vcc, GND電流Icc, IGND±50mA
許容損失PT500mW
保存温度Tstg-65 ~ +150
  • (1) 絶対最大定格では動作特性を十分発揮できるので、できるだけ絶対最大定格に近い値で使用するのがよい。
  • (2) 複数の項目が同時に絶対最大定格に達してもよいが、どの一つも瞬時たりとも絶対最大定格を超えてはならない。
  • (3) 絶対最大定格は、瞬時たりとも超過してはならない限界値であり、どの2つの項目も同時に達してはならない値である。
  • (4) 絶対最大定格は正常動作(データシートに書かれた性能)を保証する範囲である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料