全4106文字
PR

「車載機器の信頼性を確保するため、評価試験の重要性が増している」。デンソー 基盤ハードウェア開発部担当部長の神谷有弘氏はこう訴える。「日経 xTECHラーニング」で「トラブル回避はこれでばっちり! 車載電子機器の信頼性確保」の講師を務める同氏に、車載機器設計に求められる信頼性を確保するためのポイントを聞いた。(聞き手は高市清治)

デンソー基盤ハードウェア開発部の神谷有弘氏
デンソー基盤ハードウェア開発部の神谷有弘氏
[画像のクリックで拡大表示]

車載機器の設計で、信頼性の重要性が以前よりもずっと重要になっていると聞きます。なぜですか。

神谷氏:自動車に求められる信頼性は増す一方です。今回は、「寿命」に対する信頼性に限定して話しますが、かつてクルマの寿命は「10年10万km」といわれていました。新車で購入してから10年は故障せず、走行距離が10万kmまでは保つという意味です。これが最近では「20年30万km」といわれるまでになっています。消費者は、事故にでも遭わなければクルマは故障しないと期待しています。

 故障したら保証期間内なら無償での、あるいは必要な有償の部品交換を求める。いわゆる「永久サポート」を前提に設計しなくてはならないのが実情です。場合によっては、10年以上前の電子製品もきちんと供給提供しなくてはなりません。補給品供給まで考慮して、製品を設計する必要があります。現在の信頼性設計はそこまでの配慮が求められているのです。