全3477文字
PR

「量産設計における設計力とは、不具合を出さない図面を作製できる人と組織の総合力だ」。ワールドテック 代表取締役の寺倉修氏はこう話す。「日経 xTECHラーニング」で「世界No.1製品に必要な量産設計段階の設計力」の講師を務める同氏に、不具合を出さない設計を実現するためのポイントを聞いた。(聞き手は高市清治)

ワールドテック代表取締役の寺倉修氏
ワールドテック代表取締役の寺倉修氏
[画像のクリックで拡大表示]

製造業の信頼性回復の必要性を訴える声が高まっています。

寺倉氏:製造業の信頼性回復、つまり徹底した品質管理によって不具合を出さない体制作りには、何より設計力の見直しが必要です。

 製造業における品質というと、一般的には現場力ばかりに注目する傾向があるようです。昨今、特に新聞やテレビなどのメディアは工場など生産現場の劣化が品質問題の原因であるかのような報道を繰り返しています。製造業の内部でも、品質問題の再発防止に必要なのは、製造現場の体制の見直しだとする意見を耳にします。非常に偏っているとしか言いようがありません。

 現場力だけでものづくりできるわけがない。製造に至る前の開発設計と両輪となってはじめて造れるようになるし、品質を問えるわけです。それにもかかわらず設計力への言及があまりに少ない。この状況そのものが、製造業の問題点を物語っていると思います。

 むしろ重要なのは、設計力です。ものづくりの力は基本的に、設計が多くをコントロールする世界です。設計時点で決まった内容は原則として動かせません。逆に言うと、設計がしっかりしていなければ不具合が出るし、そもそも利益が出ない。儲かりません。設計があってこその製造業なのです。

 優れたアウトプットを求めるのはどんな仕事でも共通ですが、量産設計では不備のない図面を描くのが優れたアウトプットです。結論を先に言うと、製造業が市場の信頼性を確保する上での最重要事項は、不具合を出さない図面を作製する力なのです。

それが「設計力」なのでしょうか。

寺倉氏:そうです。「不具合の出ない図面を作り切る力」イコール「設計力」と言っていいでしょう。