全3350文字
PR

「ガソリン車と同等の性能を追求せず、電気自動車(EV)ならではのメリットを生かせば普及の糸口を見出せる」。群馬大学大学院客員教授の松村 修二氏はこう話す。「日経クロステック・ラーニング」で「マイクロEVの基礎を設計・製作から理解する」の講師を務める同氏に、EVならではのメリットについて聞いた。(聞き手は高市清治)

群馬大学大学院 理工学府 知能機械創製部門 客員教授の松村 修二氏
群馬大学大学院 理工学府 知能機械創製部門 客員教授の松村 修二氏
[画像のクリックで拡大表示]

電気自動車(以下、EV)に対する理解不足を憂慮されています。

松村氏:自動車メーカー自体がまだ、既存のガソリン車の姿にとらわれているように感じます。例えばデザイン。エンジンではなくモーターで駆動するEVはラジエーターやオイルクーラーなどがないので、外気を取り込むフロントグリルは本来、不要のはずです。ところが市販されている電気自動車を見てください。フロントグリルが付いているでしょう。

 空気抵抗に配慮すれば、電気自動車は空気の取り入れ口とその流路にもっと自由度が出てきます。もっと合理的な形状に設計できるにもかかわらず、合理化を図るよりも既存のガソリン車と同様のデザインにすることを優先しているように見えます。

 形状だけではありません。強度配分もガソリン自動車と異なってきます。EVは電池重量を除けば、少なくともEVが搭載しているモーターはエンジンより小さく、軽くできますからエンジン周りだけでも強度を下げられるはずです。強度を下げられれば軽量化も図れます。軽量化は連鎖します。一部を軽量化すると、関連する別の部分も軽量化できて、さらに別の部分も軽量化できる。モーターの小型化だけ取っても、クルマの設計に与える影響は決して小さくありません。

 既存のガソリン車の設計にとらわれる必要は本来、ないはずです。特にガソリン車と同レベルの性能を追求すると、現状ではEVのデメリットが目についてしまいます。ガソリン車と同等の性能を追求するのではなく、EVならではのメリットを生かし、さらに小型化まで図ればEVの可能性は広がり、普及の糸口を見いだせるはずです。