全5012文字
PR

 中国や韓国などかつての新興国とも激しい競争を余儀なくされている現在、日本企業が製造業界で生き残るには「設計マネジメント力」が求められる。競合製品を的確に分析し、トータルコストに配慮して短期間で設計できる体制づくりが必要だ――。國井技術士設計事務所所長の國井良昌氏はこう指摘する。設計マネジメントとは何か、どうすれば習得できるのか。國井氏にそのポイントを聞いた。(聞き手は高市清治)

「設計マネジメント」とは何ですか。

國井技術士設計事務所 所長の國井良昌氏
國井技術士設計事務所 所長の國井良昌氏

國井氏:製造業において、複数の設計者から成る設計部門の管理職「設計マネジャー」に求められるマネジメント力です。中国や韓国といったかつての新興国の企業と、生き残りを懸けた激しい競争を迫られている現在の日本のメーカーに最も求められる人材とその能力です。

 ここ数年、日本のメーカーが勢いを失っていく過程を分析して、当事務所が提唱している概念です。日本のメーカーが盛り返すための鍵になるのは、設計マネジャーの存在であり、その力量が「設計マネジメント力」であると私は確信しています。

設計マネジャーとは、具体的にどのような立場の人でしょうか。

國井氏:大企業なら設計部長や設計課長。中小企業なら実務に携わっている技術系の役員も含むでしょう。若い設計者たちをけん引し、その企業の製品設計の方向性を決める立場にあるマネジャーです。もちろんマネジャーとは言っても、経験豊かなベテラン設計者でなくてはなりません。

 私自身メーカーで設計者として働き、独立後に多くのメーカーでコンサルタントを務めた経験から実感するのですが、日本企業では設計部門のマネジャーが必ずしも優秀な設計者とは限りません。マネジャーに求められる能力に占める「管理」能力の比重が高いように思います。複数の設計者が働く設計部門を取りまとめ、コストやスケジュールを管理する力です。

 もちろんこうした管理能力なくしてマネジャーにはなり得ません。しかし、「設計」に関する知識や感性や経験の方がもっと重要です。にもかかわらず、日本企業では、設計者を束ねる管理能力だけが秀でて、「頑張ろう」と掛け声ばかりのマネジャーが多すぎます。

 もともと設計力が優れているわけでもないのに、マネジャーになってさらに勉強しなくなり、最新技術にも詳しくない人がざらにいます。これでは若い設計者の指導すらできない。誰でも経験的に理解していると思いますが、100の知識では100を指導できません。150、200の知識があって初めて、100の指導ができる。知識も経験もない設計者を、手取り足取り指導できるようになるのです。

 ところが日本のメーカーでは設計部門のマネジャーが100の知識すら持っていないケースが珍しくありません。設計書を見てその場で検算し、記載されている計算の間違いを指摘できる人がいないのです。それ以前に設計書すらない企業が日本には数多く存在しているのですから、これでは設計マネジャーとは言えません。管理職ではなく、ただの「管理人」です。