PR
全1237文字

 ものをくっつけると聞いて身近に思い浮かべるのは、文房具のスティックのりではないでしょうか。これは接着という接合方法で、この他にも溶接、ろう付け、リベット、はめあい(圧入)、ねじ締めなどさまざまな接合方法があります。それぞれ一長一短があり、溶接は金属同士を熱で溶かして金属結合するため、最も接合の信頼性が高い加工法です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い