全2691文字

 今年(2021年)は、新型コロナ禍の閉塞感打破への期待もあり、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉に非常に大きな関心が集まっています。「今年はDXブーム」と言ってよいのでしょうが、特に日本ではバズワード(はやり言葉)だけが先行して本質を見失うことが多々あるため、注意しなければなりません。これまでも、本コラムなどでDXの本質について伝えてきたつもりですが、世の中を見ていると、まだ十分に伝わっていない気がします。そこで、ここでもう一度、私の考えを整理して話したいと思います。

物事には順序がある

 DXという言葉の定義に正解はありませんが、私はエリック・ストルターマン氏が提唱する「人間の負担を少なくし、有限である我々の人生の時間を有意義に使うために、効率化する目的でデジタル技術を活用する」という考え方を支持しています

* デジタルトランスフォーメーションは、スウェーデンのウメオ大学の同教授が2004年に提唱した概念。

 DXのように少し戦略やマネジメントが絡む話になると、プログラムを書いたこともない現場を知らない人たちが、経営戦略や組織のあり方、精神論などについて小難しい言葉を並べて「簡単にはできない方向」に話を持っていこうとする傾向があります。恐らく、難しいことを言ってIT分野の人間を批判すれば自分の株が上がるとでも思っているのでしょう。しかし私から見ると、具体案を分かりやすく順序立てて提案できないだけであり、そんな話には何の価値もありません。

 結果的に、そうした“指導”が、日本のデジタル化を遅らせてきた原因の1つになっているのではないかと思います。

 考えてもみてください。DXとは、デジタルトランスフォーメーションです。まずはできるところから、紙などで記録している数字を電子化する。人が行っている定型化できるパソコン操作を、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などで自動化する。

 何も難しいことはありません。人の負担が減って自由に使える時間が増えればよいのです。繰り返しますが、難しく考える必要はありません。それがゴールではなくても、一歩踏み出さなければ何も始まらないのですから、できる部分からやればよいのです。

 ただし、それで終わりではありません。その先にデータ活用があり、データを活用した経営判断や事業革新があるのです。物事には、順序というものがあります。最初は簡単なミッションをこなしながら、人も組織も体験的に変わっていけばよいのです。

 現場の状況や人への負担に目を向けずに、上からDXを語ることは全く意味のないことです。逆に、DXを萎縮させる結果につながりかねません。

 付け加えておきますが、レガシーなシステムややり方の全てがダメというわけではありません。現時点でそれほど頻繁ではない顧客からの注文などであれば、FAXで受けても問題ありません。いずれは変える必要があるかもしれませんが、いきなり全てを新しくすると現場の混乱を招きます。順序立てて、変えていけばよいのです。それも現場と相談しながらやっていくべきです。