PR

 工場では、設備トラブルや品質トラブルなど、さまざまなトラブルが突発的に起こる。そのため、トラブルを未然に防止するための取り組みを行うことは必須だ。しかし、全てのトラブルの内容を予測し、未然防止できるものではない。トラブルが発生してしまった場合、その被害をできる限り最小限に抑えながら、速やかに原状復帰できることが重要だ。このために事前にできることの1つに、「トラブル対応の手順書」の作成が挙げられる。想定されるトラブルに対し、どのような手順で対応するかについて決めておくのである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料