PR
國井 良昌=國井技術士設計事務所 所長
[画像のクリックで拡大表示]
國井 良昌=國井技術士設計事務所 所長

 次のような質問が私の事務所に寄せられました。

【質問22】
 私は、東京下町の中小企業に勤務する技術者です。今、設計の効率化に悩んでいます。専門書や技術セミナーの案内を見ると、QFD(品質機能展開)や品質工学、とても複雑に思えるFMEA(故障モード影響解析)や難関のTRIZなど、私の会社ではあまり関係のない設計ツールがほとんどで、社内でも混乱しています。ぜひ、大企業向けの設計の効率化や設計ツールではなく、我々中小・零細企業向けの設計効率化をご指導ください。

 この質問に対する私の回答はこうです。

【回答22】
 近年、この手の質問が増加しています。開発手法などの専門書やセミナーは、自動車や自動車部品、重電や重機などの大企業に偏った内容ばかり。若手技術者にも混乱を招いているようです。埼玉県川口市の設計職人であり、設計コンサルタントで生計を立てている筆者でも、難関なツールに閉口しています。そこで今回は、中小・零細企業向けの設計効率化と必要最小限の設計ツールを紹介しましょう。

設計ツールの氾濫にうんざり!

 この質問には、痛い所を突かれた気がします。確かに、設計ツールの専門書や各種のセミナーは、大企業に向いた内容と事例が満載です。これを知った中小・零細企業の技術者や経営者は、「あの有名な大企業が使用している設計ツールなのだから、我々もどうにか導入したい」と焦ります。

 本当にさまざまな設計ツールがあります。よくぞこれほど多種多様で難関な設計ツールを使い分けられるものだと、筆者も感心しています。有効な設計ツールが数多く存在しますが、中には「百害あって一利なし」と言ってもよいような設計ツールも存在します。そこで、あなたの会社で導入している設計ツールを、いったんオールリセットしてみましょう。

 今、専門書や技術セミナーの案内を見ると、QFDや実験計画法、品質工学や超複雑なFMEA、3次元CADやCAE、VEやTRIZなど、中小・零細企業ではあまり関係のない設計ツールが氾濫しています。

 目に余る氾濫は新人の設計者を大いに悩ませます。ここから、中小・零細企業の設計者に絞った必要最小限の設計ツールを解説します。

道具を使えなければ職人ではない

 まず、筆者を困惑させる設計者は、「道具なき設計者」です。「こんなもんだろう、あんなもんだろう」と感覚的に造形する設計者のことです。特に日本企業では2001年頃から出現してきました。3次元CADの画面では、製造や組み立てが不可能な部品や、信頼性の低い商品が次々と設計されています。いや、設計ではありません。造形(モデリング)です。設計者ではありません、3次元モデラーの出現です。ある企業では、彼らを「カン(勘)ジニア」と呼んでいました。

 こうした事態を回避するために、設計者には設計ツールが必要です。設計コンサルタントとして筆者が考える最も基本的、かつ、近代的な設計ツールをに記載しました。習得するのに時間がかかるツールもありますが、数はわずかに11個です。

 料理人はもちろん、大工や瓦(かわら)職人、左官職人など、あらゆる職人は道具を使えて一人前となります。医師の世界には「神の手を持つ男」と呼ばれる外科医がいますが、この医師も自分で考案した特殊な鉗子(かんし)を使って、世界一高度な脳外科手術を患者に施していました。

表●新人設計者に必要な設計ツール
[画像のクリックで拡大表示]
表●新人設計者に必要な設計ツール

 では、最も重要な設計ツールである3次元CADとCAEについて解説しましょう。