全2881文字
PR

【質問】
 日本でソーラーパネルとそれに付随するパワーコントロールを製造する企業に勤務する生産技術者のAです。國井先生にはセミナーとコンサルテーションを9年間受けました。弊社の生産ラインには工程ごとに「4+1」、つまり、トラブル完全対策法の4つ(①フールプルーフ設計思想と②セーフライフ設計思想、③フェールセーフ設計思想、④ダメージトレランス設計思想)と⑤レベルダウン法の「札」が掲示してあります。おかげさまで、親会社による工場視察でベタ褒めされました。生産技術部一同、先生にとても感謝しています。

 この質問に対する私の回答はこうです。

【回答】
 ありがとうございます。私の人生を振り返るとあまり褒められたことがないのと、江戸っ子故に、褒められるとめっぽう照れ臭いです。前述の質問欄には「弊社の生産ラインには、行程ごとに『4+1』の札が掲示してある』と記載されていますが、実はこの札は、私の提案ではありません。この企業の熱血漢であるAさんの提案なのです。

 Aさんは私の指導を受けた後、自身が社内講師となりました。製造部の作業者全員に匠(たくみ)のワザ[1]~[6]、特に、匠のワザ[3]と[4]、つまり、「4+1」の現場教育を実施したのです。

 匠のワザ[3]はトラブル完全対策法です。しかし、「最後は人間」。どんなに素晴らしいセミナーや専門書、指導者が存在していても、最後の鍵を握るのは現場の作業者です。作業者の知識やモチベーションを向上させなければ、前述のトラブル完全対策法も「宝の持ち腐れ」となるでしょう。今回は「匠のワザ[6]:落としどころはどこ?」を取り上げます。

匠のワザ[6]:落としどころはどこか

 匠のワザの[1]~[5]はこれまでこの連載で紹介してきました。書籍「ライバルを打ち負かす設計指南書『攻めの設計戦略』(日経BP)」では詳しく紹介しています。しかし、匠のワザ[6]は、これまでの私の出版物に記載はありません。クライアントを指導しながら、クライアントから教わったものです。

 匠のワザ[6]とは、例えば、回転ドアに足が挟まれた場合に「落としどころはどこ?」と自問したり、FMEA(故障モード影響解析)審査や設計審査のときに質問したりすることです。具体例を出しましょう。

(1)設計者Aさん:そのときの落としどころは、足が挟まった後でレスキュー隊を呼び、回転側のドアをオイルジャッキでこじ開けて破壊します。

(2)設計者Bさん:そのときの落としどころは、回転側のドア枠は樹脂製であり、安全に変形させる、もしくはその枠を穏やかに破壊します。

(3)設計者Cさん:そのときの落としどころは、守衛室で回転ドアの電源を切り、回転側のドアを手動で反対方向へ回転させます。

 ちなみに、私の事務所がコンサルタント契約している韓国の大企業では、Cさんのような設計者が指名されます。

トラブルの落としどころはここ

 具体例をさらに示しましょう。

[1]クルマのドアミラー:クルマはその左側を民家のブロック塀ギリギリに走行中、前方から勢いよく自転車が右折してクルマの前方に向かって突進してきた。当然、そのクルマのドアミラーに衝突する。そのドアミラーの落としどころは? と問うことでドアミラー固定のあるべき姿がおのずと見えてくる。すなわち、折り畳み式ドアミラーであるべきであろう。

[2]首里城全焼:本コラムの第45回で示した通り、発煙をセンサーが関知した。その落としどころは「火災」であった。法律や条例がどうであれ、センサーが感知したのであれば、その落としどころは、スプリンクラーによる放水であったであろう。残念で仕方がない。

[3]京浜急行の踏切内トラック衝突事故:これも本コラムの第45回で掲載した事故である。踏切内に大型トラックが立ち往生した。その状況をセンサーが検知し、走行中の運転手に、線路脇の設置された赤ランプで警告した。落としどころが赤ランプとは、設計職人としては情けなく思う。

[4]ブリヂストンサイクルとヤマハ発動機の「一発二錠」リコール:自転車に搭載されたハンドルロック「一発二錠」のリコール事件。「一発二錠」は、サークロック(後輪錠)の施錠/開錠と連動し、ハンドルロック(前錠)も施錠/開錠する機構システム。乗車中にハンドルロックケースの破損などが原因で誤作動し、ハンドル操作がロックされて転倒事故が発生。ハンドルロックケースの破損の落としどころが前輪ロックとは、想像しただけでも恐ろしい。設計職人として、とても残念な設計だと思う。

10年先輩を追い抜く匠のワザ集

 皆さんが設計職人を目指すならば、学問は必須。その次に「修業」を必要とする設計ワザを習得し、さらに磨きをかけていきましょう。真の「設計力」を身に付けるためには「修業」は欠かせません。

 さて、図1は、前述の匠のワザ[1]〜[6]のポイント集であり、修業のネタです。

図1●匠のワザのポイント集
図1●匠のワザのポイント集
(出所:國井技術士設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 下記よりダウンロードできます。A4判用紙に印刷しましょう。中央には一点鎖線の「折り曲げ線」があり、折り曲げるとA5判サイズとなります。ビジネスノートや100円ショップなどで販売されている樹脂製の透明カード入れになどに収納しておきましょう。

 次のURLから無料でダウンロードできます(私の事務所の安全サーバーです)。

【URL】http://a-design-office.com/somesoft.html

【ソフト名】No.33:日経BPセミナー&コラム

【パスワード】bp_nik_mbclk