全3511文字
PR
高収益化支援家、弁理士 中村大介
高収益化支援家、弁理士 中村大介
[画像のクリックで拡大表示]

 「勝手に何をやってるんだ!!」

 A社では社長のこんな言葉を恐れて社員が萎縮していました。私はコンサルタントとしていろいろな社員に話を聞く機会があります。A社で管理職へインタビューした時、先の言葉を社長に言われて萎縮している部長がいました。

 A社は社員数が30人くらいの会社です。一代でここまでにした社長の手腕は素晴らしいといえるでしょう。「社長が敏腕な場合、下がなかなか育たない」ということを耳にしますが、A社も例外ではなく、社長の敏腕さが仇(あだ)となっていたようです。

 前述の部長は、取引先からの注文に対応しようと部下に設計と見積もりを任せました。ところが、部下の処理に手間取り、社長が営業窓口になっている別案件の対応が遅れました。このことで社長の追求を受け、雷を落とされたというわけです。

 「そんな小さなことで?」と思いましたか。しかし、規模の大小はあれ、こうしたことは結構あります。そんな中、社員へのインタビューを通じて、社長には、社員が「ブレ」と受け取る言動が少なくないことが分かってきました。

 部下は社長に、次のような印象を持っているようです。仕事を任せるときは「君に権限を全て任せる」と権限委譲してしばらく放置する。ふと思い出したときにイライラした様子で「あれはどうなってる?」と聞きに来る。そして、自分の思い通りの進捗でないと、「出来ていないじゃないか!」と雷を落とすというものです。

 このような管理を、最近では「マイクロマネジメント」といいます。こうした言動をみせる社長の下では、部下が萎縮してしまうのも仕方がないかもしれません。

 しかし、社長の気持ちも分かります。社長は社員への権限委譲に伴うジレンマを処理できていなかったのです。というのも、A社は創業して20年で年商10億円なのですが、「壁」に直面していました。中小企業経営では「年商10億円の壁」があるといわれます。これは、社長によるトップダウンのスタイルでは成長が止まることを意味します。A社はまさにその壁に直面していました。

 社長は、「部下に権限を委ねなければ、これ以上の会社の成長はない」と真剣に思っているのです。しかし、部下に委ねていては、目先の業績を達成できるかどうか分からない。そのため、ついマイクロマネジメントに走ってしまうのです。

 この影響もあり、A社の社員は入れ替わりが激しいようでした。古参社員はいますが、皆がおとなしい。新しく入った社員は社長のマイクロマネジメントに嫌気がさして辞めていく。そんな状態だったのです。当然ながら、古参社員が部長などの管理職になるのですが、社長から見ると「物足りない管理職」ばかりになってしまっていました。

[画像のクリックで拡大表示]