PR

 半導体LSI、ICの微細化は、その露光技術の限界点を迎えつつある中において緩やかな鈍化傾向を強めている。かつて提唱されたムーアの法則においての微細化の進化速度からの遅れは年々顕著となっており、結果的にそれらを補填する形でパッケージ全体での性能向上策が図られていると言える。この中で、さまざまな新しい手法におけるパッケージング技術が提唱・台頭・採用されてきており、昨今の混沌とした各種技術の乱立に至る一因となっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い