全2853文字
PR

 前回のこのコラムでは、「CES 2023」で各社が出展した、新世代EV(電気自動車)のプロトタイプやコンセプトカーを紹介した。そこでも触れたように、完成車メーカー各社から2020年代半ばごろに新世代のEVが登場する予定だ。しかし、新たな局面に入るのはEVだけではない。自動車業界のもう1つの大きなトレンドである自動運転もまた、2023年から進化が加速しそうだ。その兆候として表れていたのが、LiDAR(レーザーレーダー)各社が新世代品を出展するとともに、実用化時期を明らかにしたことだ。

「CES 2023」の会場で中国・上海汽車集団が2022年に発売した最新EV「Rising Auto R7」を前に立つ米Luminar Technologies(ルミナー・テクノロジーズ)創業者兼CEO(最高経営責任者)のAustin Russell氏。同車種にはルミナー・テクノロジーズの最新LiDAR「Iris」が搭載されている
「CES 2023」の会場で中国・上海汽車集団が2022年に発売した最新EV「Rising Auto R7」を前に立つ米Luminar Technologies(ルミナー・テクノロジーズ)創業者兼CEO(最高経営責任者)のAustin Russell氏。同車種にはルミナー・テクノロジーズの最新LiDAR「Iris」が搭載されている
(写真:ルミナー・テクノロジーズ)
[画像のクリックで拡大表示]

ルミナー・テクノロジーズが地図生成会社を買収

 新興LiDARメーカーの中で勢いがあるのが米Luminar Technologies(ルミナー・テクノロジーズ)である。同社のLiDARの特徴は、使用するレーザー光の波長が通常のLiDARよりも長い1550nm帯であることだ。通常のLiDARが使用する905nm帯のレーザー光は人間の網膜を傷つける恐れがあるため、出力を一定以上に上げることができず、検知距離に限界がある。これに対して1550nm帯のレーザーは目の角膜や水晶体、硝子体で吸収されるため網膜に届きにくいことから、出力を大幅に上げることが可能だ。この結果、同社のLiDARは検知距離が最大600m、反射率10%の物体でも250m先から検知できるとしている。

 ルミナー・テクノロジーズは今回のCESで、同社のLiDAR「Iris」を全グレードに標準装備する予定の、スウェーデンVolvo Cars(ボルボ)の新型EV「EX90」(2024年初頭発売予定)と、同じくIrisを搭載する中国・上海汽車集団が2022年に発売した最新EV「Rising Auto R7」についてアピールした。今後の採用見通しについてルミナー・テクノロジーズは、2022年第4四半期に多くの完成車メーカーから受注し、2025年から世界の多くの車種に同社の技術を提供することになったと明らかにした。日産自動車も、現在開発中の次世代運転支援技術の実験車両にルミナー・テクノロジーズのLiDARを搭載していることを明らかにしている。

ルミナー・テクノロジーズのLiDAR「Iris」はスウェーデンVolvo Cars(ボルボ)が2023年初頭に発売する新型EV「EX90」の全グレードに標準装備される
ルミナー・テクノロジーズのLiDAR「Iris」はスウェーデンVolvo Cars(ボルボ)が2023年初頭に発売する新型EV「EX90」の全グレードに標準装備される
(写真:ボルボ)
[画像のクリックで拡大表示]

 またルミナー・テクノロジーズは今回のCESで、2022年第2四半期に買収を発表した自動運転車向け3Dデジタル地図のスタートアップ企業である米Civil Mapsの買収手続きが完了したことを発表した。Civil Mapsの技術を活用し、自社のLiDARを搭載した生産車両から集めたデータを使って高精細3Dデジタル地図を自動的に更新するための基盤技術を提供する計画だ。今回のCESでは、ラスベガス市内を走行するルミナー・テクノロジーズ製LiDARを搭載した車両から集めたデータで3Dデジタル地図をライブで生成するデモを実施した。

 ドイツContinental(コンチネンタル)も、ルミナー・テクノロジーズと同様に波長1550nmのレーザー光を使うLiDAR「HRL131」を2023年からサンプル出荷し、2024年からの量産を計画していることを発表した。同LiDARは新興LiDARメーカーである米AEye(エーアイ)と共同で開発したもので、「自動車業界初のソフトウエア定義型長距離LiDAR」だとうたう。検知範囲を均一にスキャンするのではなく、重点的に検知したい範囲を高密度でスキャンするなど、ソフトウエアで緻密な制御が可能なのが特徴だ。

ドイツContinental(コンチネンタル)が2024年から量産を計画する新型LiDAR「HRL131」
ドイツContinental(コンチネンタル)が2024年から量産を計画する新型LiDAR「HRL131」
(写真:コンチネンタル)
[画像のクリックで拡大表示]