PR

 高電場や放電が植物の生育に及ぼす影響は、科学技術が発達する前から経験的に知られており、系統的な研究も18世紀より行われてきた。近年、従来の電気泳動や細胞融合、電気穿孔(せんこう)法などによる品種改良(育種)、農薬の静電散布などの農業関連の技術に加え、植物の発芽や生長の制御、担子菌(きのこなど)での子実体形成促進、培地の殺菌などプレハーベストへの利用や収穫物の鮮度保持など、ポストハーベストへの利用が進められている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

さよならオフィス
IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら