PR

 自動運転の実現に向けて、自動走行システムの開発競争は、世界的に激化している。自動走行システムの特許等の動向について調査を行ったところ、全体的に日本からの出願が多い。しかしその一方で、安全性の課題に関する出願は中国が、ダイナミックマップの情報伝達に関する出願は欧州が、物流サービスに関する出願は米国が多い結果となり、日本はこれらの海外の動向にも注意を払うべきであることがわかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い