世界のリチウム二次電池(リチウムイオン二次電池)の市場規模は2015年の約2.1兆円から、2020年には約3.2兆円になると予想されており、特に車載用途分野では、世界的な環境対応車需要の増加によりリチウム二次電池の需要が大きく拡大を続けるとみられる。日米欧中韓への出願では、日本国籍出願人は全体の45.1%を占め最多であるが、中国籍及び韓国籍出願人による出願件数が増加傾向にある。Si系負極では、日本国籍だけでなく中国籍、韓国籍、欧州国籍、米国籍からも出願が多く、硫化物系固体電解質も韓国籍、中国籍は増加傾向であり、日本の研究が他国をリードしている分野でも、他国の出願が活発になってきている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になれば
今なら「綱渡りの楽天携帯」「Road to 6G」など
モバイル・通信関連記事が無料で読み放題!
12月22日まで
モバイル・通信関連のお薦め記事一覧

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い