全5393文字
PR

特許出願動向:2011年ごろより大きく増加、米国・中国の伸長が目立つ

 図4は、匿名化関連技術全体のファミリー件数の、出願人国籍(地域)別の推移と割合を示したものです。米国籍の出願人による出願が最も多く、全体の44.9%を占めています。次いで日本国籍(22.4%)、中国籍(17.6%)、欧州国籍(9.2%)、韓国籍(4.4%)となっています。また、2011~2012年ごろから、特に米国籍と中国籍の出願人による出願が増加傾向にあり、それに伴い全体の件数も大きく伸びています。

図4 出願人国籍(地域)別ファミリー件数比率及びファミリー件数推移
図4 出願人国籍(地域)別ファミリー件数比率及びファミリー件数推移
[画像のクリックで拡大表示]

 図5は、日米欧中韓の5カ国・地域での出願人国籍(地域)別出願件数収支を示したものです。米国籍の出願人が積極的に他国への出願を行っている傾向が見られ、欧州や韓国への出願のうち、約半分が米国籍出願人による出願となっています。また日本や中国においても、3割強の出願は米国籍出願人によるものとなっています。一方で、米国籍以外の出願人は、他国への出願が相対的に少なく、自国への出願を中心にしている傾向が見られます。

図5 出願先国(地域)別-出願人国籍(地域)別出願件数収支
図5 出願先国(地域)別-出願人国籍(地域)別出願件数収支
(日米欧中韓への出願、出願年(優先権主張年):2006年-2015年)
[画像のクリックで拡大表示]

 表1は、日米欧中韓の5カ国・地域に出願された、匿名化関連技術全体のファミリー件数の上位企業を示しています。全体動向で見た通り、1位にIBM、3位にグーグルなど、米国籍の企業が目立ちますが、2位のNTT、4位の日本電気(NEC)など、日本企業も多数(上位20社中9社)ランクインしています。

表1 出願人別ファミリー件数上位ランキング
(日米欧中韓への出願、出願年(優先権主張年):2006年-2015年)
表1 出願人別ファミリー件数上位ランキング
[画像のクリックで拡大表示]