全5437文字
PR

 マテリアルズ・インフォマティクス(MI)は、データ科学を用い、効率的に材料開発を行う手法である。従来の試行錯誤を中心とした材料開発手法に取り入れることで、材料開発の時間及びコストの大幅な低減が期待されることから、近年、化学メーカーを中心として、積極的に取り組まれている。MIの特許ファミリー件数は全体として近年増加しており、プロセスの管理を目的とするものが最も多くなっている。実測データの取得が比較的容易な材料の製造プロセスにおいて、MIの社会実装が進みつつあることが分かる。製造プロセス×データ科学(プロセスインフォマティクス)は、今後、ますます重要になると考えられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)