全1940文字
PR

 フランス・グループPSAは、“シトロエン”ブランドのクロスオーバーSUV(多目的スポーツ車)「C5エアクロスSUV」を、2019年5月末に日本市場に導入した(図1)。同車は、シトロエンの日本仕様車として初めて、メカニカルな機構のみで減衰力を制御するダンパーシステム(プログレッシブ・ハイドロリック・クッション、PHC、Progressive Hydraulic Cushions)を採用(図2)。ダンパーメーカーであるKYBの欧州子会社であるKYB Europe(以下欧州KYB)と共同開発したもので、電子制御を介することなく、上質な乗り心地を目指した。

図1 2019年5月末に日本市場に導入した「シトロエンC5エアクロスSUV」
図1 2019年5月末に日本市場に導入した「シトロエンC5エアクロスSUV」
装着されたPHCに関して、フロントサスペンションはセカンダリーダンパーを圧縮/伸び側の双方に、リアサスペンションは圧縮側のみに備える。(写真:PSA)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 PSAが開発した「PHC」
[画像のクリックで拡大表示]
図2 PSAが開発した「PHC」
[画像のクリックで拡大表示]
図2 PSAが開発した「PHC」
従来型ダンパーがフルストローク時にバンプストップラバーを用いて荷重を吸収するのに対して、PHCはダンパー内部に備わるセカンダリーダンパーによって油圧を制御、全体の減衰力を調整する。シトロエンはPHC装着のメリットとして、快適な乗り心地、機械式による高い信頼性、既存のシステムに使用できる汎用性を、挙げる。(写真:PSA)