PR
全2332文字

 トヨタ自動車が「レクサス」ブランド初の量産BEV「レクサスUX300e」を発表した。舞台は、2019年11月22日に開幕した中国の広州モーターショー。2005年以来ハイブリッド車(HEV)を手がけてきたレクサスは、ピュアEVで新たな次元に進む、としている。

 レクサスUX300eは、従来のレクサスUXをベースに開発したモデルで、エンジンの代わりにモーターと53.4kWhという比較的大容量のリチウムイオン電池を搭載。前輪を駆動する。

 ショーではブルーに塗装された車体のモデルがお披露目された。集まった報道陣は多かったが、実車は、意外なほどふつう。というか、従来の化石燃料あるいはハイブリッドのUXシリーズとほとんど外観上の差別点は見られない。

 とはいえ、BEV(バッテリー駆動のEV)は旬である。中国のメーカーはこぞって手がけているし、BEVのスタートアップも「数えきれない」(日本のメーカー担当者)ほど存在する。ハイブリッド、プラグインハイブリッド、BEVをくくって中国で「新エネルギー車」と呼ばれるモデルはがショー会場を埋め尽くしていた。

 広州を発表の場に選んだ理由について、レクサスインターナショナルでプレジデントを勤める澤良宏氏は「通勤で電動車を多く見かけるなどインフラが整っているので市場に可能性が高い」ことを理由に挙げる。

広州モーターショーでのUX300e発表風景(いちばん左が渡辺剛氏、左から2人目が澤良宏プレジデント)
広州モーターショーでのUX300e発表風景(いちばん左が渡辺剛氏、左から2人目が澤良宏プレジデント)
写真=LEXUS INTERNATIONAL
[画像のクリックで拡大表示]
UX300eは2020年に中国と欧州で発売され、日本では2021年という
UX300eは2020年に中国と欧州で発売され、日本では2021年という
写真=LEXUS INTERNATIONAL
[画像のクリックで拡大表示]
レクサス初の市販BEVの発表を中国語で行う澤プレジデント
レクサス初の市販BEVの発表を中国語で行う澤プレジデント
写真=LEXUS INTERNATIONAL
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い