全2668文字
PR
「LF-30 Electrified」は前輪も後輪もモーターで駆動する
「LF-30 Electrified」は前輪も後輪もモーターで駆動する
(写真提供=Lexus International)
[画像のクリックで拡大表示]
東京モーターショー2019で公開された「LF-30 Electrified」が新しいのはスタイリングだけではなかった
東京モーターショー2019で公開された「LF-30 Electrified」が新しいのはスタイリングだけではなかった
(写真提供=Lexus International)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京モーターショー会場では、このLF-30 Electrifiedと、メルセデス・ベンツが「将来のSクラスの一つの方向性」とうたった「Vision EQS」が目立っていた。実際、メルセデス・ベンツの開発者もドイツから訪れて「フル電動のこのモデルは8~9割の確率で量産化されるでしょう」と語った。

 「Vision EQS」は現行のSクラスとそう違わないサイズということ以外、具体的な内容が語られることはなかった。それに対して、レクサスはずっと冗舌だ。

 LF-30 Electrifiedは、BEV(バッテリーで走る電動車)であるばかりか、各車輪にモーターを直結させたインホイールモーターや、従来のように物理的なステアリングラックを持たず電気信号で前輪の方向を変えるモーターを動かすステア・バイ・ワイヤといった技術を前提にしているという。

 実は、ここからが本題なのだが、LF-30 Electrifiedの技術は、着実に現実のものとなりつつある。東京モーターショーのプレスデー直後に、レクサスインターナショナルは、私たちジャーナリストを東名高速・裾野インターチェンジそばにある東富士研究所に招待してくれた。

 テストコースを備えた研究所での主眼は、新しい技術のお披露目だ。そこで再会した佐藤恒治氏は、「これまで私たちは、情報開示にガードをかけてきました。でも今はそういう時代ではありません。(レクサス車の)未来をどうしていきたいか、積極的に話をしていきたいと思います」と語った。