PR
全2668文字

 トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は今、電動化技術で競合との競争から頭一つ抜け出そうとしている。「LF-30 Electrified」の発表と、それに続く「E-AXLE」の体験試乗によって、近未来戦略の一部が見えてきた。

 「LF-30 Electrifiedは未来へつながる今の技術が進化していくことへの提案です。レクサス(車)の未来はこの内容が軸になっていくと思います」

レクサスの技術を統括するエグゼクティブバイスプレジデントの佐藤恒治氏
レクサスの技術を統括するエグゼクティブバイスプレジデントの佐藤恒治氏
(写真提供=Lexus International)
[画像のクリックで拡大表示]

 そう語るのは、レクサスインターナショナルで技術を統括するエグゼクティブバイスプレジデントの佐藤恒治氏。2019年10月開催の「東京モーターショー2019」に出展して話題を呼んだLF-30 Electrifiedの前で会ったときの話だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い