全2358文字
PR

 ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)のデザインが新時代を迎えつつある。2020年5月4日に、VWグループのデザインを統括するクラウス・ビショフ氏が、オンラインでのプレゼンテーションを行った。

第8世代ゴルフのプレゼンを行うクラウス・ビショフ氏
第8世代ゴルフのプレゼンを行うクラウス・ビショフ氏
(出所:VW)
[画像のクリックで拡大表示]

 ヘッド・オブ・デザインの肩書きを持つビショフ氏によるプレゼンテーションは、世界中から限られた数のジャーナリストを招待して、スカイプで行われた。ジャーナリストは自分のオフィスから参加し、質問はテキストで行う。

 それだけでも斬新であり、かつ、内容もニュース性に富んでいた。なにしろ、同グループでは今、新しいデジタル・デザイン・ツールを開発し、それを量産車のデザインに活用しているというのだ。

 「まだ名称はつけていません」とビショフ氏が言うこのデザインツールの特徴は、コンピューターで行っているデザインのプロセスをより拡大するものだ。

VWが「コラボレーション」と呼ぶ作業フローの事例
VWが「コラボレーション」と呼ぶ作業フローの事例
(出所:VW)
[画像のクリックで拡大表示]

 デザイナーが2Dで入力したデータを3Dモデラーが3Dに変換。それだけでなく、ヘッドランプを含めたグリルやインテリアなど、ディテールのデザインも、凝ったものであろうと、ごく短時間で行えるそうだ。

デザイナーによる2Dのアイデアから3Dモデラーが3Dを作成する
デザイナーによる2Dのアイデアから3Dモデラーが3Dを作成する
(出所:VW)
[画像のクリックで拡大表示]
VR用ゴーグルを着けて3Dのイメージを検証中の風景
VR用ゴーグルを着けて3Dのイメージを検証中の風景
(出所:VW)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにもう一つメリットがある。ビショフ氏によると、将来的に体制が整えば、世界各地にあるデザインセンターの規模は小さくて済むようになり、時間と手間のかかった相互のやりとりは簡便になる上、コストが圧縮されるのだとか。

 「スピードと正確性」とビショフ氏は強調した。