PR

 独フォルクスワーゲン(Volkswagen)日本法人が2017年10月から電気自動車(EV)「e-Golf(イー・ゴルフ)」の受注を始めた。イー・ゴルフはワングレードで、車体色は白のみ。専用webサイトから事前申し込みが必要だ。

 イー・ゴルフは、約4年前の14年10月に一度導入が発表されたが、CHAdeMO規格の急速充電器との相性が合わない事例があることが判明し、日本導入時期が遅れていた。当時は、一充電当たりの走行距離がJC08モードで215kmとされていたが、今回は301kmに延びている。新型リーフの400kmより劣る数値ではあるが、試乗をしてみると、実は遜色ない性能を備えていることが分かる。すなわち、私の試乗前にどのような運転がされたかは不明であるけれども、満充電時のオンボードコンピュータが表示する走行可能距離は、両車とも約300kmだったのである。

e-GOLFのグレードは1種類のみで、価格はGTEより30万円高い499万円
e-GOLFのグレードは1種類のみで、価格はGTEより30万円高い499万円
[画像のクリックで拡大表示]
青のアクセントカラーはPHVのGTE同様だが、e-GOLFというエンブレムがEVの証になる
青のアクセントカラーはPHVのGTE同様だが、e-GOLFというエンブレムがEVの証になる
[画像のクリックで拡大表示]
メーター左側にエネルギーメーターが配置されているところが、電動パワーユニットならでは
メーター左側にエネルギーメーターが配置されているところが、電動パワーユニットならでは
[画像のクリックで拡大表示]