PR

 試乗をしての結論は、年間の走行距離がかなり多い人には、プレミアムガソリンを必要とする輸入車において軽油で済むディーゼル車の利点はあるだろうが、主に近距離を走り、たまに遠出をする程度の人にとって、果たしてTDIがよい選択肢となるかどうかは疑問である。

 まず発進では、思ったほど出足が良くない。その理由は、このディーゼルエンジンが最大トルクを発生する回転数が2000rpmからで、そこに達するまではアクセルペダルをかなり踏み込んでいかなければならないからだ。しかし、日常的な市街地の運転では、発進でアクセルペダルをグッと奥まで踏むことはまれであろう。

 これに対し、同じ2.0LのガソリンエンジンTSIは、1500rpmから最大トルクを発生するエンジン特性となっている。したがって、ガソリンエンジンのパサートを運転した折には、出足のもたつきを感じることはなかった。

座席は十分な大きさと、的確な体の支持で快適な移動をもたらす
座席は十分な大きさと、的確な体の支持で快適な移動をもたらす
[画像のクリックで拡大表示]
後席も正しい姿勢で座ることのできる作りと空間が確保され、快適に移動できる
後席も正しい姿勢で座ることのできる作りと空間が確保され、快適に移動できる
[画像のクリックで拡大表示]