PR

 実は、ノートe-POWERでも速度が上がると回生が弱められていたのだが、その差をほとんど気付かないほどであったのが、セレナe-POWERでは明らかに違いを感じた。そして、高速走行時もワンペダルの機能を活かしたまま運転しても違和感がほとんどない。速度の微調整でアクセルペダルを戻しても、モーターならではの滑らかな走りを残したまま徐々に速度を下げていく。

 運転支援のプロパイロットにも進化があった。車線維持の際のステアリングホイールの動きが穏やかになり、また、前車追従での速度の加減速もモーター駆動の効果で滑らかになった。プロパイロットを積極的に利用しようという気持ちになる。

 試乗中気になる点があったとすると、車線維持走行をしながら大型車の横を追い越していく際、クルマはきちんと車線中央を走行していると思うが、大型車に近すぎる印象がややあった。実用上は問題ないのだろうが、運転者の感覚からすると、大型車の横をすり抜けるときの車線維持の仕方について改良の余地はありそうだ。ただしこの点は、レクサスLSの試乗の際にも感じており、セレナe-POWERだけの課題ではないだろう。

e-POWERは、シフトレバーがバイワイヤー方式になる
e-POWERは、シフトレバーがバイワイヤー方式になる
[画像のクリックで拡大表示]
操作しやすいプロパイロットスイッチ。プロパイロットの機能もより滑らかな走りへと進化している
操作しやすいプロパイロットスイッチ。プロパイロットの機能もより滑らかな走りへと進化している
[画像のクリックで拡大表示]
セレナe-POWERで新たに加わったのが、マナーモードとチャージモードの機能だ
セレナe-POWERで新たに加わったのが、マナーモードとチャージモードの機能だ
[画像のクリックで拡大表示]