PR

 Mercedes Benz S450は、ダイムラー(Daimler)が開発した新エンジンを搭載する。このエンジンは、排気量3.0L直列6気筒にISG(モーター機能付発電機)を合体し、ターボチャージャーと電動スーパーチャージャーを装備した、次世代の高性能エンジンである。これまでのV型6気筒に代替する。

 直列6気筒と言っても、ウォーターポンプやエアコンディショナーのコンプレッサーを電動化することにより、ベルト駆動を廃止し、またカムシャフトのギア駆動をエンジン後ろ側へ配置するなどにより、全長を短くしている。それでもV型6気筒よりエンジン全長は長くなるが、エンジンルームを覗くと前面衝突安全のための空間は大きく確保されていた。

 走行はすべてエンジンによって行われる。ハイブリッド車のようなモーター走行はない。それでもアイドリングストップから発進のためエンジンを再始動する際の振動は全く感じられず、スタータモーターが起動する際のキュルキュルといった音も耳に届かず、エンジン回転計を見ていなければいつエンジンが再始動したかわからないほど振動騒音性能に優れていた。エンジンであることを表に出さない印象があった。

新エンジンを搭載したS450 Exclusive。外観上は新しいパワーユニット搭載による区別はない
新エンジンを搭載したS450 Exclusive。外観上は新しいパワーユニット搭載による区別はない
[画像のクリックで拡大表示]
荷室は十分な奥行きと深さをもつ。開閉ヒンジは荷室内に露出せず、荷物に引っかかることが無い
荷室は十分な奥行きと深さをもつ。開閉ヒンジは荷室内に露出せず、荷物に引っかかることが無い
[画像のクリックで拡大表示]