PR

 ドイツ・ダイムラー(Daimler)の「メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)」ブランドは、「Sクラス」に新開発の直列6気筒ディーゼルターボエンジン車「S400d」を追加した。直列6気筒ということから想像されるように、先に導入された直列6気筒ガソリンエンジン+ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)の「S450」と基本設計を共有するディーゼルエンジンだ。最高出力340PS、最大トルク700N・mの性能で、メルセデス・ベンツのディーゼル乗用車としては最高の出力を持つ。また、欧州で導入されているRDE(実路走行試験)規制に適合した環境性能を備える。

新開発の直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載したS400dは、上級車種にふさわしい快適性と性能を確保していた
新開発の直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載したS400dは、上級車種にふさわしい快適性と性能を確保していた
[画像のクリックで拡大表示]
パッケージオプション設定となるパノラミックガラスサンルーフ
パッケージオプション設定となるパノラミックガラスサンルーフ
[画像のクリックで拡大表示]