PR

 「UX」は、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」に新しく誕生した小型クロスオーバー車である。競合車は、スウエーデン・ボルボ(Volvo)の「XC40」や、ドイツBMWの「X2」とみられる。

 UXは、現行のトヨタ「プリウス」から始まるTNGA(Toyota New Global Architecture)プラットフォームを活用している。レクサスではこれを、「GA-C」プラットフォームと呼ぶ。プリウスの後、「C-HR」、「カローラスポーツ」に次いでUXに至った。

レクサスブランドに新たに追加された小型クロスオーバーの「UX」
レクサスブランドに新たに追加された小型クロスオーバーの「UX」
[画像のクリックで拡大表示]
リアハッチゲートの表面に、よく見るとフロントのスピンドルグリルの外形のようなプレスが造形として盛り込まれている
リアハッチゲートの表面に、よく見るとフロントのスピンドルグリルの外形のようなプレスが造形として盛り込まれている
[画像のクリックで拡大表示]
車両の全長が短いだけにそれほど大きな荷室ではないが、小旅行程度の荷物は積めるのではないか
車両の全長が短いだけにそれほど大きな荷室ではないが、小旅行程度の荷物は積めるのではないか
[画像のクリックで拡大表示]