全1329文字
PR

 ドイツ・アウディ(Audi)の「A6」がフルモデルチェンジして5代目となった。1968年の「100」の後継車種として94年にA6と車名変更しており、100の時代から数えると8代目となる。

試乗車のA6アバント55 TFSI quattroは、上質な仕上がりで好印象を与えた
試乗車のA6アバント55 TFSI quattroは、上質な仕上がりで好印象を与えた
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 先代車と比べた車体寸法は、わずかな拡大にとどめられているが、外観の造形の影響もあり大柄に見える。それでも、「プログレッシブステアリング」と「ダイナミックオールホイールステアリング」と呼ばれる4輪操舵(そうだ)の組み合わせにより、最小回転半径が5.7mに抑えられているため、運転感覚としてはより小型の車種を操作しているかのようだ。道幅や対向車などを気にせず運転しているときは、壮快で手の内にある感覚が強まる。

伸びやかで美しい造形の後ろ姿
伸びやかで美しい造形の後ろ姿
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]