PR
全1706文字

 ダイハツ工業のスーパーハイト系ワゴン「タント」が、フルモデルチェンジ(全面改良)した。注目すべきは、新開発されたプラットフォーム「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を採用する第1弾の車種である点だ。トヨタ自動車の完全子会社となった現在のダイハツにおいて、DNGAと聞くとトヨタの「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」が思い起こされ、その焼き直しかと思われるかもしれない。しかし、戦略の思想は共通ながら、軽自動車と、東南アジア市場の小型車向けに、良品廉価を培ってきたダイハツ独自の構想でつくられている。

スーパーハイト系ワゴンを生み出したタントが再び販売1位を目指し、DNGA第1弾としてフルモデルチェンジした
スーパーハイト系ワゴンを生み出したタントが再び販売1位を目指し、DNGA第1弾としてフルモデルチェンジした
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型タントは、近年ホンダ「N-BOX」が販売台数で1位を継続し、昨年はスズキ「スペーシア」に2位の座も奪われ、まさに満を持してのモデルチェンジといえる。

 今回試乗したのは、自然吸気(NA)エンジンの「Xグレード」と、ターボエンジンの「カスタムRS」である。どちらも2輪駆動のFF車だ。

「カスタム」は、標準車と違った顔付きを持つ
「カスタム」は、標準車と違った顔付きを持つ
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い