全1746文字
PR

 ホンダの「フィット(FIT)」がフルモデルチェンジ(全面改良)をして、4代目となった。2001年の初代から前型の3代目まではほぼ正常進化だったのに対し、新型の4代目は、基本構想では原点回帰をしながら、改善点を修正するだけでなく、新しい時代のフィットを体現する魅力に満ちたコンパクトカーとして登場した。

写真で見る以上に実物はより精悍(せいかん)に見える
写真で見る以上に実物はより精悍(せいかん)に見える
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大の特徴は、前方視界の良さだ。フロントウインドーを支えるフロントピラーを極細化し、斜め前方を含めた視界を大きく改善した。その上で、前面衝突に対する衝撃吸収は2番目のフロントピラーで受け持つ斬新な車体構造を新開発した。

フロントウインドーの支柱と、衝撃吸収を行う支柱との役割を分けることで、前方視界が大きく改善した
フロントウインドーの支柱と、衝撃吸収を行う支柱との役割を分けることで、前方視界が大きく改善した
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 またダッシュボードはほぼ平らな面とし、フロントウインドーへの映り込みを解消している。この映り込みは、初代からの課題であった。

上面が真っ平らなダッシュボードは、フロントウインドーへの映り込みを大きく改善している
上面が真っ平らなダッシュボードは、フロントウインドーへの映り込みを大きく改善している
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 以上の2点を体感しただけでも、さまざまな消費者が利用するであろう5ナンバーのコンパクトカーとして、安心と安全を両立させた新型であることを、ショールームのようなクルマが動かない場所でも実感させる魅力を放つ。

全体の輪郭は歴代フィットに通じるが、その中身は大きく変貌し魅力を増大させた
全体の輪郭は歴代フィットに通じるが、その中身は大きく変貌し魅力を増大させた
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 運転席に座ると、新しい座席構造を採用したことにより、足腰や背中など人体の丸みに沿って全体で支える様子を感じることができる。なおかつ走行中に必要な支えも十分機能している。試乗時間は必ずしも長くはなかったが、その間に腰の痛みなどを覚えることはなかった。シートの作りが悪いクルマでは、この短時間の試乗でも降りたくなるときがある。

一見普通の座席だが、やさしい座り心地と的確な体の支えを両立している
一見普通の座席だが、やさしい座り心地と的確な体の支えを両立している
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]