全1784文字
PR

 スウェーデン・ボルボ(Volvo)は、48Vマイルドハイブリッド車(HEV)である「XC60 B5」を日本へ初導入した。ベルト駆動されるモーター機能付き発電機「ISGM(Integrated Starter Generator Module)」をガソリンエンジンの補器として取り付け、モーター走行は行わないものの、積極的な回生による充電と、アイドリングストップからのエンジン再始動、そして加速での補助力に活用する。

 今回試乗したのは、「XC60 B5 AWD Inscription」である。運転を始めてまず気づかされたのは、静粛で滑らかな乗り味である。窓ガラスを開けていると、直噴ガソリンエンジン特有のディーゼルのようなカラカラという騒音を耳にするが、窓を閉めれば分からなくなる。ボルボは今日、ガソリンもディーゼルも車種を問わず直列4気筒エンジンしか搭載していないが、直列4気筒特有の振動や騒音もほぼ気づかせないほど滑らかにエンジンが回転する。

ボルボとして初導入となる48VマイルドHEVのXC60 B5 AWDに試乗。試乗車は、装備を充実したInscriptionグレード
ボルボとして初導入となる48VマイルドHEVのXC60 B5 AWDに試乗。試乗車は、装備を充実したInscriptionグレード
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 実は、B5と呼ぶマイルドHEVの導入に際し、マイルドHEV化するだけでなく、ガソリンエンジン自体が次の世代へ進化しており、改良が施されている。シリンダーブロック、シリンダー、シリンダーヘッド、ピストンの変更という本体の改良に加え、排気システム、ターボチャージャー、エンジンマウント、エンジン制御など改良の範囲は多岐にわたり、気筒休止も採用され、かなりの投資を行った様子だ。

直列4気筒ガソリンエンジンと、ISGMを装備。エンジンは大きく改良され、それが走り味を高めている
直列4気筒ガソリンエンジンと、ISGMを装備。エンジンは大きく改良され、それが走り味を高めている
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 それらの効果として体感できるのが、摩擦損失の低減によると思われるエンジンの滑らかな回転と、振動の少なさだ。またターボチャージャーの改良と、8速AT(自動変速機)との協調もより緻密に行われた様子で、走行中のエンジン回転数はほぼ毎分1500回転を保持し、よりトルクが必要な場合でも通常の運転であれば毎分2000回転前後しか回転が上がっていかない。高速道路においても、時速80km(7速)でも時速100km(8速)でもほぼ毎分1500回転を保持して走るように、変速機の段数がカッコ内の数字に示したように制御されている。

 例えば、時速80kmの走行中に、より上の段数を選べば瞬間的な燃費は向上するだろう。しかし、一定速度といっても登り下りやカーブを曲がるなどで運転者はアクセルペダルを常に微調整しているので、わずかな調整に対し的確に速度を合わせていけるようにするには、エンジンがきちんと力を発揮できる回転数を維持するほうが適切だ。無駄なアクセル操作が減れば、総合的な実用燃費も向上するだろう。一瞬の燃費ではなく、継続的、そして走行全体の平均での燃費を良くする視点で、速度と回転数が制御されている様子を知ることができる。

 これにより、カタログ値ではWLTCで11.5km/Lの燃費性能だが、オンボードコンピューターでは14km/L前後の数値が示されていた。もちろん、走る道や運転の仕方で実走行燃費は大きく上下するが。