全1836文字
PR

 トヨタ自動車から、新型「ハリアー(HARRIER)」と、「RAV4 PHV」が続けざまに発売となった。RAV4のガソリンエンジン車とハイブリッド車(HEV)はすでに発売されており、今回プラグインハイブリッド車(PHEV)が追加された。ただし、現在は2020年度内の販売台数の生産を超える受注があり、販売店でRAV4 PHVを注文することができない。販売開始は、トヨタのWebサイトで告知される予定だ。

 ハリアーとRAV4は、国内で販売されていない「ハイランダー(HIGHLANDER)」を加え、3台が同じ「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の「GA-K」と呼ばれるプラットフォームを使う。3車種の開発統括部長は、「3台個別の特徴付けをいかにするかが開発の最大目標だった」と語る。

 新型ハリアーは、クロスオーバー的なSUV(多目的スポーツ車)という価値をいかに次へ発展できるかを求めたという。目標は「格好良く」「より若々しく」「革新的」の3つに絞られた。

 外観は、前型に似ていると感じたが、実車を見るとより精緻に造り込まれた様子が伝わり、「レクサス」車のようにも感じられる。クーペのような姿を求めたという造形は、精悍(せいかん)だ。室内も、内装の造りがやはり精緻で、造形に上質さが込められている。視界もよく、車両感覚はつかみやすかった。

総合的に前型を進化させ、上級4ドアセダンのように上質な乗車感覚をもたらした新型ハリアー
総合的に前型を進化させ、上級4ドアセダンのように上質な乗車感覚をもたらした新型ハリアー
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 動力は、2.5Lガソリンエンジンを使うHEVと、2.0Lのガソリンエンジンで、それぞれに前輪駆動(FF)と4輪駆動(4WD)の選択肢がある。HEVの4WDは、後輪にモーターを搭載する「E-Four」だ。今回試乗したのは、HEVの4WDとFF、ガソリンエンジン車のFFである。

前方視界がよく、車両感覚がつかみやすかったが、大型のナビゲーション画面のタッチ操作がやや遠くなった
前方視界がよく、車両感覚がつかみやすかったが、大型のナビゲーション画面のタッチ操作がやや遠くなった
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 HEVの4WDでまず感じたのは上質さだ。乗り心地も操縦安定性も加減速も、すべてが的確で、過不足なく、余計な振動や騒音もなく室内は静寂だ。運転していて、あたかも上級4ドアセダンに乗っているかのようにも思えた。目線だけはやや高いが、それ以外は静かで滑らかで、気持ちが癒やされるほどである。逆にあまりに静かであるため、タイヤの騒音を意識させられた。

乗馬の鞍(くら)を思わせる革の表現などを用い、精緻で上質な内装が新型ハリアーの持ち味になっている
乗馬の鞍(くら)を思わせる革の表現などを用い、精緻で上質な内装が新型ハリアーの持ち味になっている
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 HEVのFFになると、俊敏さが加わる。グレードや装備で若干幅があるが、車両重量が60~70kg軽くなるからであろう。

 ガソリンエンジン車のFFは、そうした軽さを生かした敏捷(びんしょう)さは同様で、これにエンジン音が加わる。HEVに比べ、モーターや電池を搭載しない分、さらに軽くなるのだが、それでも1.5トン以上の車両重量があるので、エンジン出力に不満はないものの、よりエンジンを回して走っている印象があった。

 パワーユニットの違いによって持ち味が異なるが、それでも未舗装路の走破性を重視したRAV4と比べ、明らかに都会派の印象があり、同様のプラットフォームを活用しながらも、上級車の選択肢の1つといったところが魅力だ。

後席は、座面と床の差がやや足りず、足を前へ伸ばして座るようになる
後席は、座面と床の差がやや足りず、足を前へ伸ばして座るようになる
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]