全1693文字
PR

 日産自動車は、これまでの「ジューク(JUKE)」に替えて「キックス(KICKS)」を小型SUV(多目的スポーツ車)として国内で発売した。ジュークは欧州市場などでは2代目へモデルチェンジしているが、その車種構成はエンジン車のみである。これに対し、キックスは海外ではエンジン車があるが、日本とタイではハイブリッドシステム「e-POWER」搭載車を販売する。

 e-POWERは、エンジンを発電に使い、モーターで走行するシリーズ式のハイブリッドシステムだ。日産車では「ノート(NOTE)」と「セレナ(SERENA)」で採用実績がある。キックスはe-POWERの第3弾であり、これに際しシステムが改良された。目指したのは、発電用エンジンをできるだけ始動せず、静粛なモーター走行をより特徴付けることにある。

 キックスは、基本的に1グレードでの販売で、外装色がモノトーンかツートーンかの違いで選択肢がある。

e-POWER第3弾となるキックスは、1グレードでの発売となる。試乗車のモノトーンのほかに、ツートーンの外装色がある
e-POWER第3弾となるキックスは、1グレードでの発売となる。試乗車のモノトーンのほかに、ツートーンの外装色がある
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 モーター駆動であるため、発進は思った以上に勢いがある。それもすぐに慣れるが、勢いがよすぎると感じるのであれば、燃費重視の「ECOモード」を選ぶと穏やかな発進になる。

 ECOモードは、アクセルのワンペダル操作である「e-POWER Drive」機能が設定されているので、ほぼペダルを踏み替えずに運転できる。このe-POWER Driveも、ノートやセレナで採用された際には応答がやや敏感であったり、反応が強すぎたりする印象を持つ人もあったが、キックスでは多くの人が自然に操作できるよう改良されている。

ダッシュボードは平面的な造形で、左端まではっきり見え、車幅感覚をつかみやすい
ダッシュボードは平面的な造形で、左端まではっきり見え、車幅感覚をつかみやすい
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]