全1695文字
PR

 ホンダの軽自動車「N-ONE」が、フルモデルチェンジ(全面改良)をして2代目となった。新型は外観がほとんど変わらない様子で、驚きをもって迎えられた。スズキのSUV(多目的スポーツ車)タイプの軽自動車「ハスラー」も、ほぼ同じ姿でフルモデルチェンジをしたが、実車を見て試乗してみると、明らかに商品性を高めていた。同じように、N-ONEも走行性能が明らかに進化していた。

一見したところ前型と同じように見えるが、実車は質感が向上している。写真はターボエンジン車「RS」のCVT(無段変速機)車
一見したところ前型と同じように見えるが、実車は質感が向上している。写真はターボエンジン車「RS」のCVT(無段変速機)車
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 外観は前型とほぼ同じであり、取材会で前型と新型を間違って撮影してしまった媒体もあったほどだ。ドアなど外板の多くは前型を踏襲している。顔つきも似てはいるが、ヘッドライト周辺の造形が若干異なる。

 新型N-ONEのプラットフォームは、先に発売された「N-WGN」と共通である。したがって以前のN-BOXなどと比べると、例えば運転席のペダル配置が、人が正対して座れる位置に修正されている。一方、N-WGNで採用されたステアリングの前後位置調節用のテレスコピックは採用していない。理由を尋ねても、ホンダからの回答はなかった。これが、この後、試乗をしたときに悪影響を及ぼすことになる。

 試乗したのは、ターボエンジン車であるRSのCVT車と6速MT(手動変速機)車、自然吸気エンジンのCVT車「Premium」の3台である。

ホンダの軽スポーツカー「S660」の変速機を使った6速MT車のRS
ホンダの軽スポーツカー「S660」の変速機を使った6速MT車のRS
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]